ACNニュース

第40号(2014.1.30) PDF Download

・年頭ご挨拶「2014年 養殖水産物輸出拡大の年に!!」
・ACN養殖用種苗速報 2013年9月〜12月出荷尾数、2014年1月〜予測
・ACN養殖概況 2014年1月 マダイ、トラフグ、ブリ・ハマチ、アユ他
・太平洋貿易(株) 新人紹介
・日本配合飼料(株)「海外展開について」

第39号(2013.9.30) PDF Download

・第15回ACNフォーラム 開催記事
・ACN養殖用種苗生産速報(年計 2012年9月〜2013年8月)
・養殖概況 2013年9月 ACN総評
・日本の水産業の展望−魚食普及−
・新人員紹介
・ACNフォーラム写真

ACN関連記事  アクアネット 2013年9月号 (2013.09.25) PDF Download

・魚食復興への養殖魚の役割と課題を考える

第15回 ACNフォーラム(2013.8.20) PDF Download

・水産庁増殖推進部研究指導課 情報技術企画官 上田 勝彦 様 「日本の水産業の展望-魚食普及-」
・ (独)水産大学校 助教(農林水産省魚類防疫担当者) 安本 信哉 様 「海産魚の疾病対策」 
・日本配合飼料株式会社 中央研究所 飼料水産開発センター 入江 奨 様
                 水産飼料部 九州営業所 木村 純治 様「魚粉削減飼料の現状と可能性」
(詳しくはPDFファイルをご覧ください)

第38号(2013.1.30) PDF Download

・年頭ご挨拶「後継者が希望の持てる年に」
・ACN養殖用種苗速報 2012年9月〜12月出荷尾数、2013年1月〜予測
・ACN養殖概況 2013年1月 マダイ、トラフグ、ブリ、アユ他
・新人紹介
・絶滅危惧種「ヒナモロコ」の保護活動

第37号(2012.9.30) PDF Download

・第9回ACN懇話会 開催記事&写真
・ACN養殖用種苗生産速報(年計2011年9月〜2012年8月)
・ACN養殖概況
・新人紹介
・BFT(Biofloc Technique):バイオフロック技術

第9回ACN懇話会 in 唐津(2012.8.23) PDF Download

・(株)山崎技研 中澤 祥子 研究員「且R崎技研におけるマダイ種苗生産施設と取り組みの紹介」
・東京大学大学院 付属水産実験所 助教 菊池 潔 「トラフグ稚魚の雌雄判別法と雄の作出法について」
・韓国国立水産科学院 西海研究所 研究官 Han,Hyon-Sob 「韓国水産養殖の現状と展望について」
  (詳しくはPDFファイルをご覧ください)

「ヒナモロコ郷づくりの会」への配合飼料等の引渡完了(2012.3.26) PDF Download

・ご協力いただきました皆様へのお礼と共にご報告いたします。

第36号(2012.1.30) PDF Download

・年頭ご挨拶「幸多き年に」
・ACN養殖用種苗速報 2011年9月〜12月出荷尾数、2012年1月〜予測
・ACN養殖概況 2012年1月 マダイ、トラフグ、ブリ、アユ他
・海外トピックス「2010年 韓国の魚類養殖について」
・新商品紹介 「マリンベッドN マリンベッドN種苗」
・水産提案 「養殖種の品種改良という"学問のすゝめ”」

ACN関連記事  養殖 2011年12月号(2011.12.2) PDF Download

・養殖業再生への道

輸入ヒラメのクドア検査要請の署名のお礼(2011.11.10) PDF Download

・輸入ヒラメクドア検査嘆願書に署名された皆様

輸入ヒラメのクドア検査要請の署名活動(2011.10.7) PDF Download

厚生労働大臣 殿
輸入ヒラメのクドア検査証添付と輸入時検査実施の嘆願書

この活動にご賛同される団体や個人の方は、お手数ですが
PDFを印刷されてご署名の上ご送付お願いします。

送り先
〒812-0018 福岡市博多区住吉2丁目11番11号
NPO法人アクアカルチャーネットワーク 福岡事務所

ACN関連記事 アクアネット 9月号(2011.10.6) PDF Download

・ヒラメのクドア対策、マグロ養殖の今後など

第35号(2011.9.30) PDF Download

・第14回ACNフォーラム 開催記事&写真
・ACN養殖用種苗生産速報(年計 2010年9月〜2011年8月)
・養殖概況 2011年9月 ACN総評 
・第6回以降のACNフォーラムについて
・新人員紹介
・ACNフォーラム&懇親会風景

第14回ACNフォーラム会長挨拶(2011.8.25) PDF Download

・情報開示無くして、業界発展無し!!

第14回 ACNフォーラム  (2011.8.25) PDF Download

・長崎大学大学院  山本 尚俊 准教授 『転機に立つマグロ養殖業 ―その歴史的展開と今後の展望―』
・東京大学大学院  横山 博 助教  『クドア属粘液胞子虫について』 
・長崎大学大学院  萩原 篤志 教授 『海洋サイバネティクスと長崎県の水産 再生』
(詳しくはPDFファイルをご覧ください)

養殖用種苗尾数の推移(1993〜2010年) (2011.8.19) PDF Download

・養殖用種苗尾数の推移(1993〜2010年) (詳しくはPDFファイルをご覧ください)

第14回 ACNフォーラムのご案内(2011.7.25) PDF Download

・第14回 ACNフォーラム 2011年8月25日開催(詳しくはPDFファイルをご覧ください)

カキ種苗輸入による疾病侵入の危険性(2011.4.7) PDF Download

・日本水産学会(http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsfs/)や日本魚病学会(http://www.fish-pathology.com/)の
 HPに掲載されています

・参考サイト
▼日本水産学会 「震災に起因するカキ種苗供給不足と疾病侵入の危険性について」
http://www.miyagi.kopas.co.jp/JSFS/INFO/sj-info_317.html
▼日本魚病学会 「ニュース」
http://www.fish-pathology.com/news.html

「ヒナモロコ郷づくりの会」への配合飼料等の引渡完了(2011.3.31) PDF Download

・ご協力いただきました皆様へのお礼と共にご報告いたします。

ACNフォーラムに関するアンケート調査結果(2011.3.7) PDF Download

・ACNレポート読者の皆様、ご回答ありがとうございました。

中国、香港、韓国への魚類輸出(2011.2.25) PDF Download

・日本から中国、香港、韓国へどのような魚類がどんな形態でどれ位輸出されているか?

第34号(2011.1.30) PDF Download

・年頭ご挨拶「東アジア3国の中の日本」
・ACN養殖用種苗速報 2010年9月〜12月出荷尾数、2011年1月〜予測
・ACN養殖概況 2011年1月 マダイ、トラフグ、ブリ、アユ他
・防疫概況 「2010年の振返りとストレス対策について」
・ACN参画事業「海洋サイバネティクスと長崎県の水産再生」
・ヒナモロコ郷づくりの会

第33号(2010.9.29) PDF Download

・第8回ACN懇話会in松山 開催記事
・ACN養殖用種苗生産速報(年計 2009年9月〜2010年8月)
・養殖概況 2010年9月 ACN総評 
・防疫概況 低魚粉化時代と魚病発生リスクについて
・海外トピックス ハワイ島 養殖施設視察報告
・新人員紹介

第8回ACN懇話会開催のご挨拶(2010.8.24) PDF Download

・第8回ACN懇話会開催のご挨拶
平成22年8月24日「日本の養殖業の将来は??」

中国のハタ類養殖事情(2010.7.1) PDF Download

・養殖ハタ類相場上昇を受け、種苗価格は昨年より高値推移

第32号(2010.1.30) PDF Download

・年頭のご挨拶「2010年 国を挙げて輸出漁奨励の年に」
・ACN養殖用種苗生産速報 2009年9月〜12月出荷尾数、2010年1月〜予測
・養殖概況 (2010年1月)
・防疫概況
・ACN海外トピックス「地中海地域での種苗生産の現状と今後」

第31号(2009.9.29) PDF Download

・第13回ACNフォーラム(日本の水産養殖を考える会)開催記事
・ACN養殖用種苗生産速報(年計 2008年9月〜2009年8月)
・養殖概況 2009年9月 ACN総評 
・防疫概況 オイルアジュバンドワクチンの実際 (株)サン・ダイコ− 古賀輝三
・トピックス 「トラフグ養殖について」太平洋貿易(株)田嶋 猛

第13回ACNフォーラム開催のご挨拶(2009.8.24) PDF Download

・第13回ACNフォーラム開催のご挨拶〜特定非営利活動法人 ACN 理事長 田嶋 猛

ACNフォーラム開催のお知らせ(2009.8.11) PDF Download

・第13回 ACNフォーラム 2009年8月20日開催(詳しくはPDFファイルをご覧ください)

ACN活動の紹介(2009.8.5) PDF Download

・海洋サイバネティクスと長崎県の水産再生


Get Adobe Reader ACNニュース(PDFファイル)をご覧になる際はAdobe Acrobat Readerが必要です。ご覧になれない方は、左のアイコンをクリックしてAdobe社のホームページからダウンロードしてからご覧ください(ダウンロードは無料です)。